大養協

「大学日本語教員養成課程研究協議会」のホームページです

2019年大養協秋季シンポジウムのご報告

2019年度大養協秋季大会シンポジウムが2019年11月9日(土)に清泉女子大学で開催されました。今回のシンポジウムは「新時代における外国の子どもの教育人材に求められる資質・能力を考える」というテーマで行われ、64名(会員21名、非会員43名)の方にご参加頂きました。

本シンポジウムでは、2018、2019年と相次いで、文化審議会国語分科会からは『日本語教育人材の養成・研修の在り方について(報告)』が、日本語教育学会からは文部科学省の委託を受けた『外国人児童生徒等教育を担う教員の養成・研修モデルプログラム開発事業―報告書―』が出されたことを受け、これからの時代の当該教育人材に求められる資質・能力について主体的に考えていきました。

前半のセッションでは、文部科学省の担当課長、研究者の大学教員、小学校の日本語担当教諭、外国にルーツを持つ子どもの支援事業を行っているNPOの責任者といった多様な関係者をお招きし、それぞれの立場からのお話を伺いました。後半のグループディスカッションでは、両報告書と登壇者のお話を手がかりに、今後の人材養成、育成はどうあるべきかについて、参加者同士で活発な意見交換が交わされました。最後に、まとめとしてグループ間での共有を行い、理解を深めていきました。

ご登壇くださった方々、ご参加くださった皆さまに心よりお礼申し上げます。

 

当日参加者、大養協会員限定でシンポジウムの資料を公開いたします。
以下の資料をダウンロードいただき、メールでお知らせするパスワードをご入力の上、ご覧ください。

20191109三好氏資料20191109今澤氏資料,  20191109田中氏資料

20191109浜田氏資料

 浜田氏は上記ファイルに加え、

「文化審議会国語分科会「日本語教育人材の養成・研修の在り方について(報告)改定版」
http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/kokugo/hokoku/pdf/r1393555_03.pdfp.24「日本語教師【養成】に求められる資質・能力」表1
p.27「児童生徒等に対する日本語教師【初任】に求められる資質・能力」表4
p.35「日本語教育人材の役割・段階・活動分野に応じた養成・研修のイメージ」を資料として、使用されました。

 

当日の写真:ワークショップの様子,三好氏,今澤氏,浜田氏,田中氏



 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

情報

投稿日: 2019年12月1日 投稿者: カテゴリー: 大会情報

ナビゲーション

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。