第21号~第30号

第30号(2006年9月1日発行)
・大養協第30回大会のお知らせ
シンポジウム:大養協のこれまでの歩みと将来の展望

大学日本語教員養成課程研究協議会の草創期(椎名 和男)
将来の展望(田尻 英三)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第29号(2006年5月1日発行)
・大養協第29回大会のお知らせ
シンポジウム:学部(日本語教員)養成課程修了生の新たな方向性

サービス日本語教育―旅客機、客船の外国人乗務員への教育を中心に―(鎮目 怜子)
医療福祉関係者の受入れと日本語教育(春原 憲一郎)
実体験をもとに―ビジネスマンを教えるにあたって学部養成課程から生かせたもの、そして足りなかったもの(渡辺 陽子)
今、日本語教師養成課程にできること(馬場 良二)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第28号(2005年11月1日発行)
・投稿規定についてのお知らせ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第27号(2005年発行)
データ無し

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第26号(2005年9月1日発行)
・大養協第28回大会のお知らせ
シンポジウム:日本語教員養成における実践能力の育成と教育実習の理念に関する調査研究

大学日本語教員養成課程における「日本語教育実習」のあり方をめぐる調査―実習に関するインタビュー調査(実習生対象)―(中川 良雄)
学習者は日本語文法教育をどう評価しているか(坂口 昌子・王 崗)
学習者が求める日本語教師の行動特性の構成概念(縫部 義憲・渡部 倫子・佐藤 礼子)
現役日本語教師が必要とする知識と能力から見た実践能力(佐藤 綾)

・『大養協論集』原稿募集のお知らせ(宇佐美 まゆみ)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第25号(2005年5月1日発行)
・大養協第27回大会のお知らせ
シンポジウム:日本語教育能力検定試験で実践能力が測れるか

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第24号(2004年9月1日発行)
・大養協第26回大会のお知らせ
シンポジウム:大学での日本語教員養成カリキュラムの変更と学校間の連携の現状

・『大養協論集』発行と大養協の今後の活動(縫部 義憲)
・科研調査研究が進行中(中川 良雄)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第23号(2004年4月1日発行)
・大養協第25回大会のお知らせ
基調講演:「日本語教師の実践能力は、どこまで測定できるのか?」(横溝 紳一郎)

・(財)日本語教育振興協会評議会報告(縫部 義憲)
・「国際化情報社会における日本語教師養成システムの開発研究」(広島大学教育学研究科リサーチオフィス報告書)のご紹介(縫部 義憲)
・第24回大会シンポジウム記録発行のお知らせ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第22号(2003年9月1日発行)
・第23回大会シンポジウム:新しい日本語教育能力検定試験と大学日本語教員養成
I. 『新しい検定試験を評価する』…各パネリストからの発言(事務局)
II. 『新しい検定試験を評価する』…フロアとパネリストの質疑応答(本田 弘之)
III. 『検定試験』の位置づけについての論議(縫部 義憲)

・大養協事務局交替と会費振込についてのお願い

・大養協第24回大会のお知らせ
シンポジウム:大学日本語教員養成課程における実践能力の育成と『教育実習』のあり方を巡って

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第21号(2003年4月3日発行)
・2002年度国日協教員養成部会報告(才田 いずみ)
・ご挨拶・ご報告と抱負(縫部 義憲)
・平成15年度からの日本語教育能力検定試験について(西原 鈴子)
・「海外日本語教育実習」に関する調査のご協力のお願い(中川 良雄)
・第23回大養協大会のお知らせ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。