第31回大会~第40回大会

第40回大会
日時:2011年10月7日(金)14:00~17:00
場所:米子市文化ホール 1階 展示室

【テーマ】
「日本語教育実習の課題-送り出しから受け入れまで-」

【パネリストと題目】
林 伸一(山口大学)
「日本語教育実習の上での問題点―送り手からそして実習受け入れ機関からの声―」

由井紀久子(京都外国語大学)
「京都外国語大学外国語学部における日本語教育実習」

竹見公仁子(公益財団法人京都日本語教育センター 京都日本語学校)
「民間日本語教育機関が出張して行う大学での教育実習指導の実際」

宮本真由美(学校法人KCP学園 KCP地球市民日本語学校)
「日本語教育実習生の受け入れと課題」

【司会】川口さち子(聖学院大学)
【企画】大城朋子(沖縄国際大学)・川口さち子(聖学院大学)・村中淑子(桃山学院大学)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第39回大会
日時:2011年5月20日(金)14:00~17:00
場所:東京国際大学 第2キャンパス 24号館2429教室

【ラウンド・テーブル】
「大学における教員養成の現状と課題 -曲がり角を迎えて-」

【進行・コーディネーター】丸山敬介(同志社女子大学)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第38回大会
日時:2010年10月8日(金)14:00~17:00
場所:神戸大学 鶴甲第1キャンパス 国際文化学部 F-301大講義室

【テーマ】
「日本語教育・日本語教員養成の公益性とその可能性」

【パネリストと題目】
西原 純子(財団法人京都日本語教育センター)
「日本語学校の活動における公益性―京都日本語教育センターの取り組みから―」

西尾 珪子(公益社団法人国際日本語普及協会 AJALT)
「公益社団法人への移行とAJALTの取り組み」

結城 恵(群馬大学)
「群馬大学での取組とキャリア形成」

酒井 滋子(公益財団法人兵庫県国際交流協会)
「兵庫県での日本語教育の取り組みとキャリアとしての可能性」

【企画・司会】中川 良雄(京都外国語大学)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第37回大会
日時:2010年5月21日(金)14:00~17:00
場所:早稲田大学 早稲田キャンパス 18号館 国際会議場

【テーマ】
「新しい教員養成のパラダイムを考える―大養協ができること・すべきこと」

【パネリストと題目】
西原 鈴子(前東京女子大学教授)
「日本語教育を取り巻く環境を考える―日本語教育能力検定試験改定の意義―」

宮崎 里司(早稲田大学大学院教授)
「移住する外国人の社会適応と教員養成課程―介護施設・夜間中学日本語学級の外国人を例に―」

柳澤 好昭(明海大学教授)
「社会の大きな変化の中で大養協がすべきこと―情報交流型親睦団体からの脱皮―」

【企画・司会】嶋田 和子(イーストウエスト日本語学校副校長)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第36回大会
日時:2009年10月9日(金)14:00~17:00
場所:九州大学 箱崎キャンパス 旧工学部本館10番講義室

【テーマ】
「国内における非母語話者日本語教師養成の実際」

【パネリストと題目】
名嶋 義直(東北大学大学院文学研究科准教授)
「大学院における非母語話者日本語教師養成の実際―東北大学の場合―」

関山 聡之(江戸カルチャーセンター日本語学校外国人日本語ボランティア養成担当)
「文化庁委託事業平成20年度『生活者としての外国人』のための日本語教育事業―『日本語能力を有する外国人を対象とした日本語指導者養成講座』実施報告」

久保田 美子(国際交流基金日本語国際センター専任講師主任)
「海外で日本語を教える非母語話者日本語教師の研修」

林 炫情(山口県立大学准教授)
「非母語話者として『日本語を学ぶ』から『日本語を教える』へ」

【指定討論者】 新内 康子(志學館大学教授)

【企画】古別府 ひづる(山口県立大学准教授)・新内 康子(志學館大学教授)

【司会】新内 康子(志學館大学教授)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第35回大会
日時:2009年5月22日(金)14:00~17:00
場所:明海大学 不動産研究棟3階4301会議室

【テーマ】
「日本語教員養成と言語政策―これからの日本語教育の課題」

【パネリストと題目】
西原 鈴子(前東京女子大学教授)
「日本語教育と言語政策」

加藤 清方(東京学芸大学教授)
「学校教育と日本語教育の連携、そして、日本語教員養成の諸課題」

田尻 栄三(龍谷大学教授)
「日本語教員養成課程に対する社会的要請」

尾崎 明人(名古屋外国語大学教授)
「日本語教育の社会的文脈と将来展望―日本語教育体制の構築に向けて―」

【指定討論者】宇佐美 まゆみ(東京外国語大学大学院教授)

【企画・司会】宇佐美 まゆみ(東京外国語大学大学院教授)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第34回大会
日時:2008年10月10日(金)14:00~17:00
場所:山形市中央公民館 第3研修室

【テーマ】
「日本語教員養成が地域の国際化、多文化化にどうつながるか―実践から見えてくるもの」

【パネリストと題目】
鮎澤 孝子(国際教養大学)
「大学・大学院の教員養成と地域の日本語教育との関わり―国際教養大学の事例から」

市瀬 智紀(宮城教育大学)
「教員養成大学が地域の外国人児童生徒への日本語支援にどう関わってきたか」

中村 孝二(南山形小学校教諭、山形大学研修生)
「山形県内の小学校における日本語指導支援の現状と課題について」

熊本 藤香(北海学園大学大学院文学研究科修士課程1年)
「ボランティア日本語教室における大学生の日本語支援―日本語ボランティア「たんぽぽ」での実践体験―」

【指定討論者】
李 通江(山形市国際交流協会交流員、日本語支援コーディネータ)
鈴木 恵理子(秋田県在住外国人への日本語支援者、東北大学大学院生)

【企画・司会】中川 かず子(北海学園大学人文学部)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第33回大会
日時:2008年5月23日(金)14:00~17:00
場所:首都大学東京 南大沢キャンパス小講堂

【テーマ】
「多文化共生社会における日本語教員養成課程の役割と可能性」

【パネリストと題目】
才田 いずみ(東北大学)
「『新たな教育内容』の再評価」

山田 泉(法政大学)
「『共生』社会の実現と日本語教員養成」

山本 忠行(創価大学)
「政策的視点から日本語教員養成について考える」

林 さと子(津田塾大学)
「課程修了生の進路に見る日本語教員養成の役割と可能性」

【司会】林 さと子(津田塾大学)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第32回大会
日時:2007年10月5日(金)14:00~17:00
場所:龍谷大学 深草キャンパス 21号館101教室

【テーマ】
「日本語教員養成課程の目指すもの―課程の学生にはどんな能力・資質の獲得が望まれるか―」

【パネリストと題目】
根津 真知子(国際基督教大学)
「リベラルアーツ教育の中での「日本語教員養成プログラム」の目標」

沖 裕子(信州大学)
「日本語教員養成課程の目的と現状および課題」

齋藤 ひろみ(東京学芸大学)
「教員養成系大学における「日本語教師養成」の位置―学校現場の「多文化・多言語化」に対応できる資質・能力の養成―」

【司会】中川 良雄(京都外国語大学)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第31回大会
日時:2007年5月25日(金)14:00~17:00
場所:桜美林大学 町田キャンパス 崇貞館6階大会議室H

【テーマ】
「日本語教師養成が多文化共生社会に適した人材を育てる」

【パネリストと題目】
山田 泉(法政大学)
「多文化共生の現状」

宇都宮 裕章(静岡大学)
「学校教育の中で」

土屋 千尋(帝京大学)
「多文化共生社会における日本語教育実習」

嘉数 勝美(国際交流基金日本語事業部長)
「教師養成と日本語教師以外の仕事」

【司会】西口 光一(大阪大学)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。